EZBBS”撲滅”Clone Ver1.5β
「http」等の禁止ワード設定中
★「幸福の科学」撲滅対策相談室★
この掲示板は、「幸福の科学」に関する各種ご相談・質問のためのサイトです。投稿欄下のルールを守ってご利用下さい。相談を妨げる書き込み、荒らしには厳正に対処します。会員(信者)さんの書き込み、霊に関する相談等はご遠慮下さい。ただし、退会を検討中等の会員さんのご相談、書き込みは受け付けております。

この掲示板は、幸福の科学に関する悩み・疑問を相談する場所ですので、信者さんの書き込みはご遠慮下さい。
相談を妨げる書き込みに対しては削除・アクセス規制など厳しく対処します。
ただし、退会を検討中等の会員さんのご相談、書き込みは受け付けております

お勧めリンク

 


新しいトピックへ 掲示板TOP 過去のトピックへ

ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

幸福の科学にはまった親友との別れ
6607254
日付:2012/07/17 (Tue) 20:30:44 -名前:ウリエル
こんばんは。いつもこちらの相談室を拝見させていただいております。
今日は、私の心の整理をつけたくて、書かせていただきました。
もし不適切な発言でしたら、削除してください。どうぞよろしくお願いいたします。

私には長年の大親友がいました。共に悩みを分かち合い、共に喜び、泣き、
本当に大切な親友でした。その親友が3年ほど前に幸福の科学に入信しました。
入信してからの彼女は、あんなに優しかったのに、どんどん攻撃的になり、
幸福の科学をバカにする人を許せないというようになりました。

最初は私も反対していたのですが、聞く耳持たずという感じで、次第に私も意見
するのを止め、代わりに、大切な親友が信じている教えなのだから、いいことも
いっているかもしれないと、本を読んだり、理解するように努めました。しかし、
どうしても大川総裁が宇宙創造神であるという部分が受け入れられず、最後まで入会することはできませんでした。

先日、親友から連絡があり、「中国がもうすぐ日本に侵攻してくる。この国難を唯一救えるのは総裁先生しかいない。そのためにはもっと多くの人が幸福の科学を支持しなければならない。だから入会してほしい。」と言われ、「私はあなたの信仰は否定しないけど、私自身は中立でいたい。だから入会は出来ない。」と言ったところ、「私のいうことを信じてくれないなんて、ひどすぎる!あなたは私の親友なんかじゃない。」と泣かれ、以来メールも電話も拒否されるようになってしまいました。

私は彼女が幸福の科学に入信して以来、彼女の話すことを否定せず、うんうんと聞き、彼女の味方でいるつもりだったのですが、こういう結末になり、心の整理がつかないでいます。

いつか・・・せめていつか、私が味方でいようと努力したことを、親友が分かってくれる時がくるのでしょうか?

一方で、このような結末になるのだったら、私はおかしいと思うことは言うべきだったのではないか?なぜならば、共通の友人たちはみんな彼女の元を去っていき、そして何より彼女自身、とても不幸そうだからです。私は事実(周りの人が彼女をどうみてるか)を彼女に告げるべきだったのではないか?と罪悪感に苦しんでいます。

今は一日も早く元の彼女を取り戻してほしいと願っています。長い文になってしまい、誠に申し訳ありません。早く心の整理をつけなくてはと思っています。客観的なご意見をいただけたら幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

Re: 幸福の科学にはまった親友との別れ
日付:2012/07/17 (Tue) 23:04:16 -名前:ショーケン
 3年前に入信と言うことは、ちょうど衆議院選挙のころですね。普通は、あの馬鹿げた選挙で幸福の科学に愛想をつかして、離れていくというのが一般的だと思うのですが、よほど惹かれるものがあったということですね。
 さらにその後、参院選挙あり、きょう子婦人との離婚騒動ありーの、相次ぐ大集金活動ありーの、アホ丸出しのインチキ公開霊言のオンパレードありーの、大川隆法性の儀式の報道ありーの、などなど、宇宙の創造神が聞いて呆れます。いったい大川の何に惹かれるのか理解に苦しむものがあります。
 
 しかし、信じ切っている人にとっては、何を言っても無駄でしょう。逆に言えば言うほど、頑なになっていくものです。他人の信仰をどうこう言えば、必ず喧嘩になります。本人がおかしいと気づくまでは、どうにもこうにもなりません。

 本人が好きでやっていることなので、やらせておくしかないでしょう。幸い、幸福の科学は金の切れ目が縁の切れ目となる宗教です。そのうちに金欠になるか、あまりの拝金主義に嫌気がさしてくれば、自然と会から離れていきます。

Re: 幸福の科学にはまった親友との別れ
日付:2012/07/17 (Tue) 23:25:19 -名前:ポンコツ
心の問題とすると見えづらくなるので、方便として転んで擦り傷を負った事としましょう。

彼女が転ばないように24時間彼女の元にいることができたでしょうか?
またいると仮定した時にずっと転ばないでいられたとお思いでしょうか?

あなたは情に流されることなく自分のスタンスを彼女に伝えたことにより
自分が困る状況に置くこと無く、彼女にも無駄な期待をさせませんでした。
また強く批判しない事により彼女が戻って来やすいようになりました。
あなたの行為は完璧だと思います。後悔することは何一つありません。

あなたは湿布にはなれたかも知れませんが、傷を治すのは彼女の体の問題であり他人が関与できる事でないことは分かると思います。

私は信者になることはありませんでしたが脱会してアンチとなった者も他人から説得されて気付いた人は僅かです。
ノストラダムスの予言の日が来ても何も起こらなかった。全霊が支援しているにもかかわらず誰一人当選しなかった。
あれ?お金の事ばかりで心の勉強は?何か会がおかしい?どう見ても隆法が釈迦らしからぬ。家族ユートピアも築けなかった・・・

カルトは真実でないゆえに常に過ちを犯すものです。希望はありますよ。

でも冷たいようですがいつになるかは彼女自身の問題なのでいつかは分かりません。死ぬまでないかもしれません。
しかし彼女が気付いたときに今まで通りの付き合いをしてあげてください。
そして彼女を責めないでください。微笑んでください。そのとき彼女はあなたに感謝するでしょう。

Re: 幸福の科学にはまった親友との別れ
日付:2012/07/17 (Tue) 23:53:11 -名前:ローズマリー
>ウリエルさん

変わらぬ思いで「待つ」事でしょうか。
そして気づく事を毎日願う事でしょうか。

ウリエルさんの文章を頷きながら苦い思いをしている人は私を含め、沢山の方
がいらっしゃると思います。正しいと思う事はその人の価値感によって違うので
今の彼女にはウリエルさんの価値感は残念ながらブロックされてしまいます。

私も経験済みです。同じように身内から何度も酷い反発をされています。

私は貝のように黙ってHSの事にはふれずに過ごしています。
今、この教団や教祖に対し「真の正義」を貫き闘っている人達が増えています。

近い将来に崩壊すると私は確信しています。その時を信じて楽しみに待ちましょう。
きっと、あなたの思いは届くはずです。

Re: 幸福の科学にはまった親友との別れ
日付:2012/07/18 (Wed) 00:03:47 -名前:バルナバ
>ローズマリーさん
「その時」 信じて待つ。同じ思いの人がいるだけで支えになります。
信じて待つのは出口のないトンネルを歩いているように思えて、嫌なことも多い。
そんな風に心が折れそうなときに、思いを同じにする人がいること、励みです。

>ウリエルさん
みんなで支え合いましょうね。

Re: 幸福の科学にはまった親友との別れ
日付:2012/07/18 (Wed) 10:39:19 -名前:ウリエル
ご返信くださった皆様、温かいお言葉をいただき、本当にありがとうございました。親友とのことが、あまりにも突然だったので、現実を受け止められず、無気力状態になっておりました。でも、皆様からの温かいお言葉をいただき、やっと前を向いていけます。本当にありがとうございました。

>ショーケン様
私も教団をそのように思っていました。でも親友には黙っていました。
私の心の代弁をしてくださり、本当にありがとうございました。スッキリしました(笑)
親友が気づくまで私は当面静観することにします。本当にありがとうございました。

>ポンコツ様
>あなたの行為は完璧だと思います。後悔することは何一つありません。
この文を読んだ時、涙が止まりませんでした。彼女は相当のめり込んでいるので、
死ぬまで気づかないかもしれません。でも彼女に気付く時があったら、
責めずに、温かく受け止められるよう、早く私も気持ちを立て直します。
優しい励ましのお言葉、本当にありがとうございました。

>ローズマリー様
温かいお言葉を本当にありがとうございました。今回自分がこのような体験をして、ローズマリー様の今までのご苦労はいかばかりであったか、言葉にもなりません。同じ経験をされた方がいるだけで、心の支えになります。辛い時は、
相手が気づくまで根気よく愛を持って待っている方たちがたくさんいることを思い出し、私も気持ちを立て直します。本当にありがとうございました。

>バルナバ様
温かいお言葉を本当にありがとうございました。一人でずっと苦しんできましたが、同じ思いの方がいると思うだけで、本当に心の支えになります。「みんなで
支え合いましょうね。」というお言葉、涙が止まりませんでした。本当にありがとうございました。


大切な親友はなくしましたが、皆様からの温かいお言葉をいただき、やっと
気持ちの整理がつけられそうです。皆様からのお言葉を胸に刻み、辛い時は
思い出して、前を向いていきます。皆様、本当にありがとうございました。

Re: 幸福の科学にはまった親友との別れ
日付:2012/07/18 (Wed) 21:53:08 -名前:バルナバ
>中国がもうすぐ日本に侵攻してくる。この国難を唯一救えるのは総裁先生しかいない。そのためにはもっと多くの人が幸福の科学を支持しなければならない。だから入会してほしい。

この言葉。シンプルな公式だけど説得力ないね。
でも、真剣に信じている友人には言えない・・・・ (^^);;

Re: 幸福の科学にはまった親友との別れ
日付:2012/07/19 (Thu) 00:31:54 -名前:とらわれえざる者
ウリエル さん こんばんは

>中国がもうすぐ日本に侵攻してくる。この国難を唯一救えるのは総裁先生しかいない。そのためにはもっと多くの人が幸福の科学を支持しなければならない。

この論旨はオウムの刺殺された村井が言ってた
「麻原尊師が空中浮揚すれば、(核)戦争が無くなる」
と全く同レベルのカルト思想パターンそのものだと思います
まともな人なら誰だって戦争は無くなって欲しい事ですが、その誰だってそう思う願望とカルト団体のご都合主義をセットにした綺麗事を標榜し相手の感情に訴え
「入会を断ると、じゃあ貴方は戦争が起こってもいいのか!日本が侵略されてもいいのか!」
あまりにも無茶苦茶で支離滅裂な論理で急き立てる、典型的偽善的独裁・カルト・詐欺集団の手法そのものです

ウリエルさん、お友達の件はまだ親交がおありでしたら
「君の帰ってくる場所はちゃんとあるから」
と伝えておいてはいかがでしょうか
これだけでもカルトのおかしさに気付いても脱会できない一因がひとつ消えますから
お友達は”旅”に出た との感覚で待っていてあげる事ができたらひとつの支えにはなると思います

Re: 幸福の科学にはまった親友との別れ
日付:2012/07/21 (Sat) 11:36:54 -名前:ウリエル
>バルナバ様
>とらわるをえざる者様

温かいお言葉をいただき、本当にありがとうございました。御礼が遅くなり、申し訳ありませんでした。

実は、私が入会を断ったとき、まさにとらわるをえざる者様がおっしゃられた、
「じゃあ貴方は戦争が起こってもいいのか!日本が侵略されてもいいのか!」という言葉も言われました・・。
あんなに優しかった親友が、こんなことを本気で信じるようになるなんて、マインドコントロールの恐ろしさを痛感しています。

残念ながら、親友には一切の連絡を絶たれてしまいました。
しかし、皆様の温かい励ましのお言葉のおかげで、私も平静さを取り戻してきました。
私はやるべきことはやったし、もう後悔したり、いつまでも過去を悔やんだりしません。

重ねて、温かい励ましのお言葉を下さった皆様に、心から感謝を申し上げます。本当にありがとうございました!

Re: 幸福の科学にはまった親友との別れ
日付:2012/07/26 (Thu) 14:49:35 -名前:おだんご
ウリエルさま、はじめまして。
以前、何度かこのサイトに投稿させていただいたことがあります。

さて、ご親友の件ですが、ウリエルさままでが入信したら、そのご親友が戻るところを失うと思うのです。ウリエルさまが入信されなかったことは正しかったし、のちにご親友が誤りに気付き脱会したときに本当の意味で力となり支えとなってあげられるときが来ると思います。

そもそも親友だから自分の信仰を理解してほしいという思いがあっても、信仰まで自分に合わせて一緒にというご親友の思いには賛成できません。例えば、「あいつを殴りたいからあなたも一緒に殴ってほしい」という話です。自分が殴ったことで処罰されるのは仕方ないにしても、親友まで処罰されることも仕方ないことなのか、それを親友に求めることが「親友だから」と許されるのかということにもなります。

本当の友とは間違いを一緒になって犯すことよりも、間違いを間違いと教え、もし、それでも間違いをしたときには、やり直せるように支えてあげることではありませんか。

ですから、そのご親友が戻られたときに支えとなり力になる、そのときを待ってあげてほしいと思います。生意気なことを申して申し訳ございません。

Re: 幸福の科学にはまった親友との別れ
日付:2012/08/02 (Thu) 19:26:53 -名前:ウリエル
>おだんご様

大変温かいお言葉をいただき、本当にありがとうございました。

>さて、ご親友の件ですが、ウリエルさままでが入信したら、そのご親友が戻るところを失うと思うのです。ウリエルさまが入信されなかったことは正しかったし、のちにご親友が誤りに気付き脱会したときに本当の意味で力となり支えとなってあげられるときが来ると思います。

おだんご様のこのお言葉に、親友は私を理解してはくれなかったけれど、
こうして私の気持ちを分かってくださる方がいるんだと、とても心救われる気持ちになりました。本当にありがとうございました。

親友から理不尽なことをされた後は、怒りや悲しみの気持ちでいっぱいでしたが、
皆様からの温かいお言葉で、徐々に過去のこととして受け止めることが出来つつあります。

親友が一日も早く、目覚めてくれることを、焦らず見守りたいと思います。
温かいお言葉を本当にありがとうございました!

    
元二世信者、ルジェの幸福の科学観察日記 元幸福の科学信者のブログ どんきー王子のブログ ポラリスのしあわせってなあに
やや日刊カルト新聞 アンチ(幸福の科学)HS 撲滅対策本部★したらば営業所 幸福の科学・退会方法
幸福の科学 その実態 NO MORE 幸福の科学 アンチ幸福の科学・まとめサイト ファルコン告発等まとめ集
 

文春ネタではなく・・・・・
6599042
日付:2012/07/16 (Mon) 11:41:32 -名前:イエスまりあ
 連投をお許しいただきたい。

今回の文春ネタには正直うんざりしています。
当然私はアンチとして何とかHSと教祖夫妻に罪を認め社会と信者さんに謝罪を求めるものです。

そもそも、教祖の女狂いと夫人の横柄さはすでに多くの方々の知るところであり、
今さら、ことさら被害者女性にスポットライトをあてるという倫理観の欠如を以って
ラッパを吹き上げることに大きな疑問を感じるのです。

種村氏についても悪魔認定されたことには心から遺憾の念をあらわすものでるが
今回の騒動はいただけない。

特に霊言という目に見えない不確定なものをベースにいくら反旗を翻しても
それは大川教祖となんら変わるものではなくむしろ種村氏の品格を貶めるものではなかろうか。

アンチと化した種村氏の心情は手にとるように理解できるのである。
故に早い決着を望むのも理解できる。

しかしながら今回はいけなかった。
我々アンチが守りたかった被害者を引きずり出す格好となってしまった。

再三書くがこれはきょう子氏にも大きな大きな責任があるのである。
心ない発言が引き金となったことは隠しようもないこと。
裁判を控え恐らく金銭的なもので今はおとなしく仮面をかぶっているのであろう。
あの心ない呟きは堂々と教祖に向かって発するべきもの!
人としての土台ができていない証である。

種村氏に話を戻そう。

種村氏がHSに入局し流転の人生を歩むことになったのはその社会性にもあるのではなかろうか。
つまり典型的なお坊さんタイプの方で社会適合性には?がつく。
これは彼を知る数人の方から直接耳にした情報である。
しかしながら皆、口をそろえて「純粋で良いかた」とその心の美しさは認めている。

であるからこそ、種村氏にはそのたぐい稀なる心の根美しさと圧倒的教学の高さをもって
大川教祖へ切り込んでいただきたいのである。これに関しては大川教祖など手も足も出ないほどの
深い知識をお持ちでありましょう。

教祖はすでに高次元からのエネルギーは入ってきません。
当然きょう子氏も同じであります。
自分勝手な救世主など存在してはならないからです。

それらをひた隠しにしなければ、生活に困窮する幹部が神から見ればお粗末な表面だけの
間違った思いでバタバタと喜劇を演じているのです。

今後この教団には更なる問題が浮上し様々なものが明かされていきます。

信者さんは間違ったものに振り回されるのではなく
御自分の、心からの声にしっかりと耳を傾け強い意志で判断されてください。

客観的な心の念いを大事にされていただきたい。





Re: 文春ネタではなく・・・・・
日付:2012/07/16 (Mon) 15:55:19 -名前:ミホ
 
 イエスまりあ様
 私も、イエスまりあ様と同様 今回のようなスキャンダラスな騒動が引き起こす
 功罪について 深く考えています。
 
 このような週刊誌による告発が HSの崩壊につながっていくというならそれは功の部分でしょう。
 マスコミにどんどんさらして欲しいという意見もおありでしょう。
 
 ですが、”したらば”のほうで元彦さまが おっしゃっているように、

>退会して10年。
>活動会員の頃は、かなり入れ込んでしまい回りから引かれたが、
>その後は、ひたすら仕事に打ち込んで、良好な人間関係も築いてきた。

>それなのに、私には「幸福の科学信者」のレッテルが未だに付きまとっているのだ。

>大川よ。幸福の科学の幹部諸氏よ。
>もう、どんなにあがいても会の命は短いぞ。

>そこで、最後の頼みがある。
>どうせ消えるなら、騒ぎを起こさず、そっと消えてくれ。
>あんたたちがここで裁判だの反論本だので暴れると、
>やめた私たちにまで、めちゃくちゃ迷惑がかかる。

>お願いです。
>最後の悪あがきをしないでくれ。
>どうか、これ以上、幸福の科学の恥を撒き散らさないでくれ。
>老衰で逝くみたいに、そっと静かに消えてくれ。

>それが、あんたたちが騙したヤツに対して、あんたたちができる最後の罪滅ぼしだぞ。

 狂団の実情が、さらされるほど 身を切られるような恥ずかしさや重荷を感じ、
 さらなる精神的被害者も出るだろうと思います。
 
 私は当事者ですから罪は背負って生きていきますが、
 子どもたちは 親がやっていた宗教がこんなおかしな団体だとわかったら
 さらに変な目で見られるのでは、と心底いやがっています。 
 アニメ映画や選挙などで、子どもの人間関係である友人や親までもまきこんでしまい、
 誰も知っている人のいない街に引っ越したい、とまで言って 拒否感をひきずっている子どもが
 これ以上のスキャンダルや 恐ろしい事実が出てくるのを怖がる気持ちも
 痛いほどよくわかります。

 どんな形が良い悪いと私が いえる立場ではありません。
 しかし、今後HSがもがけばもがくほど 醜い形で終焉を迎えるのではないかと思うのです。
 恐ろしいことです。

 きょうこさんや、種村さんに言いたいのです。
 そういう 末端信者の 深い悲しみ、傷ついた気持ちがおわかりですか。
 おかしいと知りながら、信者のお布施で生活して名誉を得て
 経済的にも豊かに、そして満たされた日々だったことでしょう。
 思いは、いつも総裁にあり。
 いまだに 視点が教祖や、教団のほうに向いているように思えてなりません。
 
 末端信者は、本当に1000円 2000円と生活を切り詰めて多額のお布施をし、
 主のため 世の中のためと 何も知らずに活動しました。
 真実を知った後も ほとんどの方は泣き寝入りです。
 やめた後まで、こうした狂った教団がさらに恥さらしな活動をすることで
 今後もその影に苦しめられているのです。
 
 どのような 思いでこれから行動されるのか 
 私たちは、一番弱い立場にいるものです。 
 だからこそ、真の思いがないと ここまで伝わってこないのです。
 
 
 

Re: 文春ネタではなく・・・・・
日付:2012/07/16 (Mon) 21:43:07 -名前:ミホ

続き
 最近、自分はHSのことに どうけりをつけたらよいのかわからなくて
 苦しんでいます。

 上に書いたように、
 マスコミに騒いでもらい、どんどん暴露してもらいたい人もいるでしょう。
 静かに 崩壊を望む人もいる。

 総裁に反省してもらい、まともな運営にもどるならと思う人もいる。
 初めからおかしく、狂人であるととらえる人もいる。
 
 同じ、人生の大切な時間を奪われたものでも
 一信者と、職員だった方の被害ではまた大きく違っているのでしょう。
 
 私は、イエスまりあ様や ローズマリー様の思いに 多くの共感を覚えます。
 それぞれの立ち位置で、みなさん頑張られたり、真実を知らしめようと努力されている。
 
 私も贖罪と、何らかの役にたってもらえればと思いつつ 人に会ったり、投稿したりしていますが、
 本当は一日も早くこのとらわれから逃れたい・・。
 そして、 私の記憶から消してしまいたい。
 会の呪縛から 少しずつ逃れて平静さをとりもどしつつある中で
 消せない過去に苦しくなり、時々、叫びたくなるような心境になる最近です。
 
 

Re: 文春ネタではなく・・・・・
日付:2012/07/16 (Mon) 22:51:44 -名前:ローズマリー
こんばんは。イエスまりあさんやミホさんの元信者さんの傷ついた
心の叫びは大川きょうこ氏や種村氏に届いているでしょうか?

勿論、身内や友人が信者で何とか洗脳から解放を願っている人たちの
心の苦しさが届いているのでしょうか?
種村氏が個人的なブログを書き込みを始めた事に私自身は崩壊に加速を
与えられるものではないかと思っています。

ただミホさんの書き込みのように「自分の過去を消してしまいたい」という
恥ずかしさが心を支配してしまうという副作用もおこります。

身内の側で見ていた私が言います。ミホさん、信者の皆さんは本当に純粋で
崇高な思いを持って生活しておられます。騙した教団が悪いのです。

本当の神はそんな苦しんでいるあなたを、日々この恥ずかしい程の思いをして苦しんでいる
あなたに「大丈夫!!大丈夫!!」と温かいまなざしで見ていると思います。

過去より現在そして未来です。

一番大切な事、「真の正義を貫く」だと思います。


Re: 文春ネタではなく・・・・・
日付:2012/07/17 (Tue) 03:11:54 -名前:無明の孔明
イエスマリアさん、ミホさん、ローズマリーさん
お気持ち、非常によく分かります。特に、ご家族が信者さんの場合は、KKに関してはご自身にはまったく非がないことと思います。

前スレのきょう子さんに関することにも関係しますが・・・

私自身の話をしますと、選挙の後、政党や会を何とか立て直そう、この方法を用いればよくなる、と、一年以上にわたって多くの幹部の方々に意見を申し出てきました。
その後、「教祖・教団・職員の行い」「教義の変遷」「裁判などの客観的事実」などに関して、ファルコン告発を中心に「事実」または「事実であろう部分=教団が反論しない箇所」だけを紙に書き出していき、この団体・教祖の間違いを客観的に検証していきました。
(※愛人騒動や夫人との不仲等は、この時点では事実認定していなかった)

全身の震えや吐き気、無気力、うつ状態、恐怖、絶望感などを経て、(カウンセラーにかかればよかったのですが)独力でマインドコントロールが解けた後、まず行ったことは、今まで伝道・選挙活動を行った方々へ、手紙・電話・メール・訪問などで「この団体は間違っている、決して関わってはならない」と伝えることでした。中には、選挙以前の数年ぶりに連絡を取った方も少なくなかったです。伝えることで、もともと先方が相手にもしていなかったカルト宗教のことを思い出させ、自分の社会的評価が下がることは承知の上です。しかし、私自身が伝道や選挙活動・資金援助を行ったことで、「被害者」ではなく「加害者」になっていることを認識していたからこその行動でした。

今でも、自分自身の心を見ると「だまされた」「人生の中で少なくない年月・努力・お金をムダにした」と被害者意識で考えてしまいます。でも、それはきょう子夫人をはじめ、幹部や職員の方々も思っていることでしょう。「会員」「信者」であり、「伝道」「活動」「植福」をしていたならば、やはり自らが「加害者」でもある、ゆえにその責任を果たさなければならない、そう自戒しています(その意味でも、ファルコン氏には深い敬意を表しています)。

ここ数日の種村さんのブログを読むと、自らの過ちをはっきりと認めておられます。これを読んで、私はあの方なりに責任を果たされようとしているのだな、と感じています。きょう子さんに関しては、私も思うところは多いのですが。

今、大津のいじめ自殺問題が取り上げられています。いじめを認識した時に、どこまで声を上げて先生や父兄に伝えるか、ヘタをすれば自分もいじめに遭うかもしれないのに・・・。KKの問題も、自分がマイコンを解いた(=いじめのターゲットから抜け出た)後、どこまで邪教に対峙していくのか(=いじめを告発し続ける)、これは非常に難しい問題です。
ただ、自分さえよければという気持ちではなく、多くの皆様がムリのない範囲でアンチ活動を続けていただければ、と願わずにいられません。その意味で、私は元彦さんとは多少意見を異にするかも知れません。

Re: 文春ネタではなく・・・・・
日付:2012/07/17 (Tue) 11:33:56 -名前:イエスまりあ
>ミホさん、ローズマリーさん、無明の孔明さん

ローズマリーさんも書かれているように多くの信者さんは、
その心根優しく高い志を胸に教団と縁を結んでいます。

特に初期の頃の信者さんにその傾向がみられるようです。
ミホさんも純真であるが故の現在の葛藤ですね。
私も退会にあたって最も心を痛めたことは子供に対する心境の変化をいかに伝えるか。でした。
正直怖かったです。本当に怖かった。
何も言わずに退会しよう、などと、今思えば情けない感情が大きく占めていたのも事実です。

しかし私は、大川夫妻のような卑怯な人間にはなりたくなかった。
一切の事後責任、説明責任を果たさないそのような人間にはどうしてもなれなかったのです。

正直であること!これは神様から与えられた人間の美徳です。
これさえも失うことはできませんでした。
あとは、自分のプライドとの戦いであったかもしれません。

しかし、最後は親として、この本当は小さな恐怖と闘おう。
そう決心しました。
飾らず、素直に、正直に心の変遷を伝えました。そして静かに謝りました。

伝道した方々にも同じです。

数名の方からは非難を受けましたが9割の方からは祝福を受けました。

そして今、HSに関わった悪夢の二十数年を
これは自分に必要な経験であったとしっかり受け止め
こうやって時間のあるときにアンチ活動をしています。

どうか自分を許すことから始めてください。
気づいた自分を称賛してください。
恐怖などただの妄想でしかないのです。

私も思いのたけをこうやってこのサイトへぶつけました。
先ずはどん思いでも吐き出すことです。吐き出さなければ新しい空気は入ってきません。

教祖夫妻、そして彼らを悪と知りながら仕える幹部たちに本当の幸せなど味わえないのです。

良い種を播けばこそ、きれいな花が咲き、立派な実がつく。
私は毎日こう思い日々を重ねています。




Re: 文春ネタではなく・・・・・
日付:2012/07/17 (Tue) 17:57:51 -名前:ショーケン
 女性の投稿を読むと、どうしても幸福の科学に対する恨み辛みの類にしか読めません。まあ、それはそうでしょう。あれほど信じ、時間とお金を投入したにもかかわらず、何の成果も得られず、結局は騙されていたとわかれば、恨みの言葉の一つも言いたくなるのが人情です。

 しかし、社会全体から見れば、振り込み詐欺に引っかかった人と、そう大差ないのではないでしょうか。振り込み詐欺に引っかかって、何千万円もだまし取られた人に対しては、気の毒とは思いながら、どこか「馬鹿だなあ」と思ってしまいます。幸福の科学のような宗教詐欺に引っかかる人も同じようなものです。大川流に言えば「知に暗い」からとなります。

 何事もそうですが、大金を投資する前にはしっかり勉強しなければいけません。 大川発の一方的な言説だけではなく、反幸福の科学的な意見も勉強し、検証すべきであった。大川の言説を信じる前に、その言説が真実かどうか、正しいのか嘘なのかを見抜くぐらい勉強すべきであったと、今更ながら後悔しております。
 

 

Re: 文春ネタではなく・・・・・
日付:2012/07/17 (Tue) 22:03:30 -名前:アイマイミー
ショーケンさん 

>大川の言説を信じる前に、その言説が真実かどうか、正しいのか嘘なのかを見抜くぐらい勉強すべきであったと、今更ながら後悔しております。

おっしゃるとおりです。と同時に、大変な違和感を覚えます。幸福の科学のお得意の自己責任論の展開ですからね。幸福の科学という犯罪組織は、都合が悪くなると、「それは自己責任でしょう!」と被害者に対していいのがれをします。それと同じ発想に思いますがいかがでしょうか?

とくに、被害女性のことも「自己責任として片付けたい」とのご意向が感じられますが、いかがでしょうか?

Re: 文春ネタではなく・・・・・
日付:2012/07/17 (Tue) 23:29:30 -名前:イエスまりあ
>ショーケンさん

ズバリ正論を述べていただき有難うございました。
貴方のように物事を理路整然と捉えられるようになれば理想ですね。
女性と男性の感性の違いもございますし段階を追って貴方のような極めて客観的な見方が
出来るようになる方もいらっしゃると思います。

このサイトはゆっくりと真剣に語る場でもありますから
このサイトに登場される女性に違和感を覚えられるのでしたら
もっとスピード感あふれてドライなサイトもございますので
そちらでの御活躍のほうが貴方にはふさわしいですね。

Re: 文春ネタではなく・・・・・
日付:2012/07/17 (Tue) 23:48:13 -名前:ショーケン
アイマイミーさん

 私は原則、自己責任の立場を肯定しております。私自身も1990年から94年までの5年間活動し、書籍やテープ、本尊、事務所の運営費などに1000万円ぐらいは使ったと思います。
 それらは別に強制されたわけではなく、世に言うマインドコントロール下にあったものの、一応自分の意志でやったことです。日本国民1億2千万人のうちの数万人が引っかかり、残りの1億199○万人は被害がないわけです。結局は、大川らの巧妙な詐欺にひっかかった自分の責任であるといわざるを得ません。
 大川には金返せと言いたいところですが、応じるはずはないでしょうし、オークションで本尊以下すべて売り払いましたので、現物はもう一切ありません。自動車の新車が1台買えるぐらいにはなりましたが・・・・

 幸福の科学が自己責任を出すのは当然でしょう。彼らの詐欺は確信犯です。教団の責任ですなどと言えば、損害賠償しなければなりません。首をもがれようとも、自己責任を押し通して、責任逃れをするに決まっています。

被害女性は気の毒ですが、幸福の科学が自己責任を押し通すならば、泣き寝入りするか、法廷闘争するしかないでしょう。

Re: 文春ネタではなく・・・・・
日付:2012/07/18 (Wed) 08:17:56 -名前:旅人
結果、

法廷闘争を経て被害者達が勝利し、教団は崩壊する、というのが天意でしょう。

今回立ち上がった方々に、私は敬意を表します。その勇気と覚悟に。

Re: 文春ネタではなく・・・・・
日付:2012/07/18 (Wed) 08:32:45 -名前:アイマイミー
ショーケンさん
あなたのお考えはよくわかりました。ご自身に自己責任の原則を貫かれるのはご立派だと思います。しかし、その思想を他者にまで適用して、自己責任を貫けというのはいかが金物かと思います。私が問題にしているのは、被害女性に対するあなたの冒頭のご意見です。

>女性の投稿を読むと、どうしても幸福の科学に対する恨み辛みの類にしか読めません。

被害女性の苦しみ、辱めをを自己責任の原則でつきはなしている姿勢は、犯罪組織・幸福の科学を大変喜ばせる結果になっています。このことはご理解いただけますか。

マインドコントロール下にある人が、鬼畜大川から辱めをうけていることに対して、あなたは、そのようなマインド・コントロールされる状況になったのは被害女性が悪いんだといってるのと同じなのです。

犯罪組織・幸福の科学は、たとえれば説教強盗と同じで、強盗という重大な犯罪をしながら「強盗されるお前が悪い」と居直っているわけです。その論理を幸福の科学は犯罪組織ですから好んで多用します。

私は、悪意を持って善意の人を欺罔する幸福の科学という犯罪組織を許すわけにはいきません。あなたの意見は正論ですが、同時に、犯罪者には犯罪を助長させる論理でもありますから、あなたご自身でそれを受け止めるのは構いませんが、それを他者にまで適用することはおやめください。

もし、私の言うことがご理解いただけないのでしたら、あなたの自己責任の論理は、「相談室」という趣旨にはそぐわないものですから、どこか他のサイトで、そのご高説を論じていただければと思います。

Re: 文春ネタではなく・・・・・
日付:2012/07/18 (Wed) 08:36:33 -名前:アイマイミー
訂正

(×)しかし、その思想を他者にまで適用して、自己責任を貫けというのは「いかが金物か」と思います。
  ↓↓
(○)しかし、その思想を他者にまで適用して、自己責任を貫けというのは「いかがなもの」かと思います。

Re: 文春ネタではなく・・・・・
日付:2012/07/18 (Wed) 12:10:22 -名前:クラリス
以前「信者の身内」のハンドルネームで投稿させて頂きましたが身内の代表者づらして全国の「信者の身内」の方に迷惑がかかるといけないので、勝手ながらハンドルネームを変更させて頂きました。

ここで話題されている自己責任論には、私も複雑な思いを抱いています。自己責任といっても、話題の種村告発の一方で、彼らは、NHK さえも取り込んだ大仕掛けのトラップを仕掛けてきています。

「いじめから子供を守ろう!ネットワーク」は、幸福の科学の隠れ蓑団体。NHK騙されるなよ・・・・・
ttp://ameblo.jp/lejay-cassis-mango/entry-11299090564.html(先頭にhを付けてください)

身内の信者に「だってNHKにも認められているんだから」と言われてしまったらグウの根も出ません。このようにトラップが蜘蛛の巣のように巧妙に張り巡らされている状況を見ると、明らかに個人の対応力を超えていると感じるので、これで「自己責任」というのは酷なように思います。NHKまで加わると社会全体が騙しにかかってくるようなものですから。

一方、うちの場合、第一責任者(要するに親)からは「危険だから一切関わるな。自分が死んだら縁を切れ。」と言われています。ですから、せっかくいろいろな情報を知っていても、身内の信者には何も伝えることが出来ず、歯がゆい思いをしております。

自己責任でないとすると、私たち身内にも責任がのしかかってきますが、正直言って身内がカルト信者というだけで、もう、いっぱいいっぱいです。どこぞの教団のように、なんだかんだ言って安定するのかと思いきや、ここはかなり不安定になってきているようなので、そのうち何らかのカルト事件に巻き込まれるのでは?とひやひやしています。

個人的には、少しでも何らかの形で加担した人が「自己責任だ」と言い放つことは許されないと思います。

万が一何かあったら、NHKには責任をとってもらいたいと思います。間をとりもったと推察される議員さんもよろしくお願いいたします。

Re: 文春ネタではなく・・・・・
日付:2012/07/18 (Wed) 20:09:44 -名前:とらわれえざる者
クラリス さん こんばんは

幸福の科学は都合のいい時は”新聞に載るのは信用がある証拠”とか今回の様に”NHKにまで出ているのだから”とマスコミを利用しますが都合が悪いとマスコミに対して罵詈雑言です。
知人にも今回のNHKの件を言われましたが、NHKの”沈みゆく楽園 ツバル”を見せてその作為的欺瞞性を取り上げNHKなんてこんなもんだけど、そんなマスコミに紹介されたからどうだと言うの?地球圏最高神がたがか地球の極東のTV放送に関係団体が紹介されたってはしゃぐのは変じゃない?と問うたら黙り込んで考えてました
恐らく去年だったら黙り込まず反論の嵐だったので確実に変わりつつあるようです


*NHKのツバルの件は地球温暖化キャンペーンによる作為的曲解番組です
 捏造とまで言わないのは映像自体は現実だからです、その説明・ナレーションに作為的欺瞞・嘘が散りばめられてます、放送倫理委員会はいったい何をやってるの?って思わせる内容です

Re: 文春ネタではなく・・・・・
日付:2012/07/18 (Wed) 21:44:02 -名前:クラリス
とらわれえざる者さん、こんばんは。

>地球圏最高神がたがか地球の極東のTV放送に関係団体が紹介されたってはしゃぐのは変じゃない?

笑えますね。使わせて頂きます。

NHKが騙されたというより、実はNHK社員にも信者がいて確信犯であった可能性もありますね。
そういうことなら、しっかり調査して欲しいと思います。でなければ、NHKはもう気持ち悪くて見れません。

Re: 文春ネタではなく・・・・・
日付:2012/07/18 (Wed) 21:46:01 -名前:バルナバ
「自己責任だ」と心の整理がつけられるのであればそれもよし。でも、苦しみ悩んでいる人にはその言葉は荷が重すぎますね。ちょっとばかりの配慮も必要と思われます (^^)

今は責任の所在よりも必要なものが他にある・・・ 責任追及が目的ではなく、傷ついた人(会員だった人、またその関係者など)が方向転換をして素敵な人生を歩むこと、と思っています。
自己責任が大事じゃない、という意味ではないので誤解なきようお願いいたしますね。

>都合のいい時は”新聞に載るのは信用がある証拠”とか今回の様に”NHKにまで出ているのだから”とマスコミを利用しますが都合が悪いとマスコミに対して罵詈雑言
ほんとうにそう感じています。同じ口でそのようなことを言って、自分では気が付かないのですから滑稽です。
「あれ、この前はマスコミ批判だったけど、今度はいいの??」って訊いたらどんな答えが返ってくるのでしょうか。知りたいところです。

Re: 文春ネタではなく・・・・・
日付:2012/07/19 (Thu) 00:15:09 -名前:とらわれえざる者
バルナバさん こんばんは

>「あれ、この前はマスコミ批判だったけど、今度はいいの??」って訊いたらどんな答えが返ってくるのでしょうか。
こうした自己矛盾を突きつけた時に相手がちゃんと聞いて考えてくれる状態であれば見込みはありますが、この時点で訳の分からない論理を振り回して反論してくるようでしたら心の支配が相当酷い状態だと思います
    
元二世信者、ルジェの幸福の科学観察日記 元幸福の科学信者のブログ どんきー王子のブログ ポラリスのしあわせってなあに
やや日刊カルト新聞 アンチ(幸福の科学)HS 撲滅対策本部★したらば営業所 幸福の科学・退会方法
幸福の科学 その実態 NO MORE 幸福の科学 アンチ幸福の科学・まとめサイト ファルコン告発等まとめ集
 

大川教祖が頼みの綱とした「エメラルドタブレット」
6596097
日付:2012/07/16 (Mon) 00:23:50 -名前:イエスまりあ
このエメラルドタブレットという大切な経典を大川教祖が真似て太陽の法などを書き上げたことは
有名な話です。
この書物の起源は信じられないほど古いのです。(紀元前3万6千年前)
「エメラルド・タブレット」は、その内容から
地球にある数多の経典の中でも最高峰の光といって良いものです。


詳しく書くには時間的に無理なので今回は以下のものだけ御紹介させていただきます。

先ずはお読みください。

大川の教えがオリジナルなものではないことがわかります。



エジプト・ギザのピラミッドは、実は
コンピューターであり、歴史と宇宙の叡智の記録庫である。

ここに地球と人類の歴史に関する重要な情報が保管されています。

そして、ピラミッドはファラオの墓ではなく、
神聖な儀式をする場所であり、
地球全体のエネルギーを調整するコントロールセンターになっている。

エジプトの文明は数万年に及ぶが、
さらにそれ以前の文明がある。

それが、アトランティスであり、レムリアである。

レムリアの平和な時代は、
アトランティスの科学万能主義、個人主義に押され、
(アトランティスの現在の姿はアメリカ)
次第に、地球の調和が破壊され、
最後は、科学者がクリスタルエネルギーを
戦争に使ったことで神の怒りを買い、一晩で大陸が沈むに至った。
(現在、同じことが繰り返される直前になっている)

アトランティスの崩壊が決定的になったため、
様々な宇宙存在・神々は、各々、人間の指導者を選び、
人類に引き継ぐべき智慧を保管できるよう、世界各地へと移住を導いた。

そして、トスは、その時の王であり、
アトランティスの文明をエジプトで蘇らせた優れた存在であった。

彼の指導(と宇宙存在の叡智)でピラミッドが造られ、
地球の新しい文明と運命が切り拓かれた。

しかし、アトランティス王トスは、この地球が後の時代、
遙か後(現代)に非常な困難に直面することを観ていた。

それは、邪悪な宇宙人(ニビル)の侵略行為であり、
また地球に既にアトランティスの時代に姿を現し始めていた
「蛇の種族」(レプタリアン)による破壊行為であり、そのために
「光と闇の戦い」に関する警告と智慧がこの書物に込められている。

この書が正に今の時代の我々に語りかけていることが分かる



「…エメラルド・タブレットの由来は不思議なもので、近代科学では到底信じられないものである。驚くほど、古いもので、紀元前3万6千年に出来たと云われている。著者はアトランティの僧侶王で、母国アトランティスの沈没後、古代エジプトに植民地をつくったトスである。また、トスはギゼの大ピラミッドの建設者でもある。…ピラミッドの中にトスは古代の智慧についての彼の知るところを編み込み、また、古代アトランティスの記録と器械を完全に秘匿したのである。」M・ドリウル(編者)


(本文 抜粋)
「我、トスはアトランティス人にして、神秘の大師、記録の保管者、全能の王、魔力の持ち主なり。世代から世代へと生き、今まさにアメンティーの広間へ去らんとするに当り、後世指導の為、大アトランティスの偉大な智慧の記録を残さんとす。」

「その時、地上に大洪水襲い来り、人々は溺れ、地は沈み、地球の均衡は崩れ、遂に『光の寺院』のみ水中に聳(そび)ゆるウンダルの大山岳の頂に残れり。かしこに住める者の中、洪水の奔流より助けられしは、僅かなり。」

「故に我はアトランティスの子等を集め、我が凡ゆる記録を宇宙船に収めたり。また我は凡ゆる我が力、強き魔術の様々な器械を集めたり。而して我らは朝の翼に乗りて舞い上がれり。『住者』と3人を寺院の下深きに残して、我らは寺院の上、高く、上りたり。大寺院は波の下、深く沈み、周期の主等への道は閉ざされぬ。」

「我らは速やかに、朝の翼に乗りて逃れたり。ケムの子等の国へと逃れたり。我は我が力により、ケムの子等を征服し統治し、彼等を光にと高めたり。

岩の下深く、我、宇宙船を埋め、人間が自由となる時を待つ。宇宙船の上にライオンの姿なれど人に似し碑を建てたり。その像の下に我が宇宙船を置く。されど必要の生ぜし時は持ち出されん。

知れ、おお人よ。遠き未来に、大洋のそとより侵入者(※ニビル)来たらん。その時は智慧を持てる汝ら目覚めて、我が船を持ち出しやすやすと征服せよ。

像の下深くに我が秘密あり。我が建てしピラミッドの中を探し発見せよ。像とピラミッドはお互いに要石なり。」

「アトランティスのありし時より、はるか以前、暗き魔術を用い、我々より遥か深きところよりものを呼びて、闇暗を探究せし人々ありき。それ等はこの周期に出で来りしが、形はなかりき。別のバイブレーションのものにして、地球の子等には見えずに存在せり。血によりてのみ彼等は姿あるものとなり得、人間を通してのみ、この世界に住むを得たり。

遠き昔、彼等は大師等によりて征服され、その出で来りし下の世界に追われたり。されど、人間に知られざる空間に隠れて残りし者等ありき。彼等は影としてアトランティスに住めども、時々人々の間に現われたり。然り、血が捧げられし時、彼等は人々の間に住まんとして出で来れり。

彼等は人間の姿にて我等の間にて行動せり。されど見せかけのみ人間の如くにありしなり。魔力が高揚せし時は、蛇の頭となるも、人間には、普通の人に見えたり。人間の如き姿を取りて、会議に入り込み、各界の頭(かしら)を彼等の技術によりて殺し、各界の者等の姿を取りて、人間を支配す。魔力によりてのみ彼等を発見することを得、音によりてのみ彼等の顔を見るを得たり。彼等は影の国より人間を滅ぼさんとし、人間に代わりて、人間界を支配せんとせり。」

「蛇は今もなお、時折、この世のある場所に住む。見えざれど、彼等は汝等の間を、儀式にて言われし場所の中にて歩く。時経ちし時、再び彼等は人間に似し姿をとらん。」

「闇もて凡てを満たさんとせし闇の長(おさ)等あり。人々を彼等の夜へと引きづり込まんとせり。光の子等は激しく抵抗し、激しく夜の闇と戦いぬ。闇の長等は、人間を夜の闇に縛りつくる鎖と足枷を絶えず固く締めつけたり。彼等は常に暗き魔術を用いたり。闇もて人の魂を覆う魔術を暗黒の力によりて人間に用いたり。

彼等は幾世をも経て、或る秩序にて団結せる闇の兄弟等にして、人の子等には敵手なりき。彼等は常に秘密に、隠れて歩き、人々の子等には見つくれど見つからず。常に彼等は光より離れて夜の闇に隠れ、闇の中で歩き、働けり。沈黙し、秘密に、彼等は己が力を用いて人々の魂を奴隷にし、束縛せり。」

「聞け、おお人よ。我が警告を聞け。夜の束縛より自由となれ。闇の兄弟等に汝の魂を引き渡すな。汝の顔を常に光に向けよ。おお、人よ。…我が警告に注意せよ。常に上に向いて努力せよ。汝の魂を光に向けよ。暗黒の兄弟等は、光の道を旅せし者を、彼等の仲間に求む。光への道で太陽に向いて旅せし者等は、光の子等も闇もて縛る。いとも大なる力を持つ者なるを、彼等はよく知ればなり。」

「彼等の道を行くことは易し。彼等の誘う道に従うことは易し。されど、おお人よ。我が警告に注意せよ。光は努力する者のみ来たる。智慧に到る道を行うことは難く、光へ誘う道を行くは難し。その道には岩石多く、光に向いてよじ登るべき山脈多きを見ん。おお、人よ。打ち勝ちし者に、光の道の解放さるを知れ。汝、暗黒の兄弟等の道を行くこと勿(なか)れ。汝、常に光の子たれ。おお。人よ。遂に光は勝ち、闇と夜は、光より離れて消え去るべきを知れ。」

「来る世々、この惑星に居を受け継ぎし者等に、智慧の再興さるるを見るを得べし。彼等もやがて智慧に到りて、光もて暗黒を消すすべを学ばん。されど彼等は幾時代も大いに努力し、己自身を光の自由に蘇生させんとせざるべからず。暗黒に縛られるる者等は、他の者等を光から離さんとす。然る時、大いなる戦闘が起こらん。その戦いは地球をおののかせ、地球の進路を揺るがす。而して闇の兄弟等は、光と夜の間の戦闘を開始せん。

人間が再び大洋を征服し、鳥の如く翼をもて空を飛ぶ時、而して、稲妻を甲冑として戦う(※HAARP)ことを学びし時、この戦いは始まらん。2力の間の戦い、暗黒と光の間の戦いは大なるものなり。地球を粉砕する暗黒の力を用いつつ、国と国は戦わん。力の武器は人類の半ばを滅亡に到らせるまで、地球人を一掃せん。然る時、朝の子等(※宇宙連合)来たりて、人の子等に布告を与えん。『おお、人々よ。汝等の兄弟と争うことを止めよ。かくしてのみ、汝等は光に到るを得。不信心を捨てよ。おお、我が兄弟よ。而して道に従え。然らば汝等は正しきことを知らん。』」

「人々の間には、暗黒の兄弟等居れども、光の兄弟等(※宇宙連合)もまた存在す。光の兄弟等は、夜から人々を解放せんとして、闇の兄弟等の敵手なり。彼等(※宇宙連合)は惑星の従う法則を知りて、強き力を持つ。彼等は調和し、秩序もて働き、人間の魂を束縛より解き放つ。彼らもまた秘密に、隠れて歩く。彼等は人の子等には知られず。されど知れ。彼等は人々の子等に道を示すつつ、常に汝等と共に歩むなり。彼等は常に暗黒の兄弟等と戦いて征服し、終わる時なく征服し続くるなり。されど、常に最後には光がかしらとなり、夜の暗さを追い払わん。」

「生命の道にして、光を得んと努力せよ。『太陽の状態』にならんとせよ。完全に光とならんとせよ。汝の思想を人間の体と共に光の神に向けて離すな。万物は混沌からの秩序であり、光へと誕生するものなるを知れ。」



    
元二世信者、ルジェの幸福の科学観察日記 元幸福の科学信者のブログ どんきー王子のブログ ポラリスのしあわせってなあに
やや日刊カルト新聞 アンチ(幸福の科学)HS 撲滅対策本部★したらば営業所 幸福の科学・退会方法
幸福の科学 その実態 NO MORE 幸福の科学 アンチ幸福の科学・まとめサイト ファルコン告発等まとめ集
 

大川きょう子氏について 2
6587029
日付:2012/07/14 (Sat) 15:08:11 -名前:イエスまりあ
大川きょう子氏が教団でどのようなことをやっていたのかについては
すでに多くの方々が語っていらっしゃいます。

これらを全て否定することは出来ないでしょう。

自ら望んだ結婚です。判断力のなかった自分を省みてください。
離婚問題も見栄や虚栄心、金銭欲絡みではなく
一人の立派な大人として捉えるべきです。

きょう子氏は本当に信者の皆さんに申し訳ないと思っていますか?
健気な信者さんは貴方や教祖を信じ賢明な業務に励みました。
家族を捨て、または大切な子供たちにも不自由を強いりそれでも
世のため人のためにとせっせと大切なお金を貢ぎます。

貴方がたがただの強欲な人間と見抜けなかったということもあるでしょう。

しかしながら貴方がた夫婦や幹部のやっていることは、
とんでもない大罪であることは間違いのないことです。

今の貴方がたは子供さんに胸を張ってモノ申すことなど出来ないでしょう。

多くの人々を不幸に貶めた人にはそれなりの見返りがあるのです。
必ずあるのです。
簡単なことです。
故に、貴方がたに幸福も発展も訪れることなどないのです。

神はおおらかな方です。
愛そのものですから。

しかしながらその神の名を騙り好き放題にすることを良しとはされません。

問題は貴方がた家族だけが不幸になるのではなく
そこには貴方が想像だにしない数の者が苦しんでいるということなのです。

ここを決して見逃してはならないのです。

貴方も一時期天使の名を名乗っていたのですから
その立派な天使に恥じない行動と思念を抱き
正直にまっすぐに進んでください。

正直に悪を暴くことが貴方に残された道ではありませんか

Re: 大川きょう子氏について 2
日付:2012/07/14 (Sat) 20:54:09 -名前:ローズマリー
>イエスまりあさん

こんばんは。そしてお疲れさまです。

イエスまりあさんの意見に大賛成です。
「東大卒の女性同士で、育児やら、​看病やらの話をするなんて、意外でしょう。
女性の苦労は、どこも​いっしょです。」

東大卒で意外でしょう? 東大卒だと特別なんでしょうか?机での勉強の不出来
とこの世で生きていく為の知恵や道徳心の有無は別だと思います。

ブログで教会に祈りに通われているとか。何を祈っているのでしょうか。
自分の事業が上手くいきますように?裁判が勝ちますように?
まさか自分の事ばかり祈っていませんよね。

残された信者や、理不尽に辞めさせられた職員、信者の家族、そして傷ついて
辞めた元信者に対して懺悔の気持ちで祈る事はしているのでしょうか。


Re: 大川きょう子氏について 2
日付:2012/07/14 (Sat) 21:53:03 -名前:ミホ

 イエスまりあ様
 ローズマリー様 こんばんは。
 私も最近、きょうこさんに大いに疑問を感じています。

 教団から追い出され、悪魔認定や子どもたちと会えないなど失意の中
 震災ボランティアで 何かを考えているのでは・・と思っていました。

 週刊誌に登場したりして、暴露的な断片的な話やご自身の状況などを知ることはありました。
 ですが、その中に信者に対する思いや、お詫びのような言葉は一言でもあったかな・
 いや、むしろなかったのではないか、と思うのです。 

 子どもと会えないこと、夫である教祖がおかしいことなど
 情報としてはそうですか、としか言いようがありません。

 ボランティアのお金も、現在の住まいも、生活費も慰謝料も
 すべて信者のお布施なのではありませんか。
 そういうことに対する、感謝の言葉も見たことがありません。

 暴露本など、大それた形でなくたって、
 どこでも言ったり、発信したりすることはできると思います。
 
 結局、夫婦は似たもの同士なのかな、と思うこのごろです。

 

Re: 大川きょう子氏について 2
日付:2012/07/14 (Sat) 22:00:13 -名前:イエスまりあ
>ローズマリーさん

東大卒というプライドが彼女を支えているのでしょう。
親から正しい教育を受けずに育ったのかもしれませんね。
彼女には温かさや女性特有の優しさ母性は感じられません。
真の意味においての賢さは伺うことが出来ませんがそれさえわからないところが
彼女の哀れさです。
彼女の中にある特別意識がなくならない限り心から信者や子供たちに詫びることは
出来ないでしょう。

彼女のある種の成功体験が自らの人生を省みることを邪魔するからです。

しかしながら彼女には大きな罪があります。
多くの人に涙させたその罪は早く償わなければならないのです。

彼女が真に賢い方であれば何が真実の生き方であるかを見つけ出すはずです。

彼女にはそれだけの大きな大きな大きな責任があるのです。
これからは絶対に逃げられないのです。

これ以上罪を重ねる生き方などしたくないはずです。

御自分の憐れな子供さんたちのためにも恥じない選択を願います。

潔い生き方!
これを考えてほしいものですね。


Re: 大川きょう子氏について 2
日付:2012/07/15 (Sun) 16:38:48 -名前:イエスまりあ
>ミホさんこんにちわ。

きょう子氏は教祖の危なさに気付き逃げ出したのかもしれません。
これをもって、自分は被害者であり一切の責任は全て教祖と幹部にある。
こういうスタンスに持っていきたいのではないでしょうか。

自分は正しい霊能者と自負するのであれば
当然残された信者さんの痛みを感じるはず、
そして何らかの行動を起こすはずです。

自分に被害が及ばなければいいという姑息な念いが潜在的にあればこそ
中途半端な距離を保っているのだと感じてなりません。

今こそ、教祖と教団の実態をさらけ出し
心から信者さんに詫びてほしいです。
真実を知っているのは間違いないのです。
その罪の大きさに驚愕するのではなく
加担し、増大させた本人であるからこそ潔く人生の再出発をするべきなのです。

そうすればこそ、子供たちの信頼を取り戻すとともに
真に人間として再生できます。

人の痛みがわからないうちはけっして前に進むことなどできません。

先ず、
心から詫びよ!

何にもまして大切なことではないでしょうか。

夫である教祖には死んでも出来ないことです。
故にこそ価値があるのです。
信者の痛みを受け取り正直に告発する!

そうしなければ彼女の大罪は益々膨れ上がるのです。

これが真実の法則なのです。

プライドを捨て、神の子としての良心から己を振り返れば良いことです。
簡単です。


    
元二世信者、ルジェの幸福の科学観察日記 元幸福の科学信者のブログ どんきー王子のブログ ポラリスのしあわせってなあに
やや日刊カルト新聞 アンチ(幸福の科学)HS 撲滅対策本部★したらば営業所 幸福の科学・退会方法
幸福の科学 その実態 NO MORE 幸福の科学 アンチ幸福の科学・まとめサイト ファルコン告発等まとめ集
 

大川きょう子氏について
6586841
日付:2012/07/14 (Sat) 14:33:06 -名前:イエスまりあ
文春のスキャンダラスな記事で教祖、大川隆法氏に世間の注目が注がれていますが、

私は離婚裁判中のきょう子氏にも同じようなスポットライトが当たるべきだと考えているものです。

彼女は何か大きな勘違いをしているのではなかろうか?

夫婦揃って詐欺を繰り返し世間を欺き、信者からお金を巻き上げている。
この事実に変わりはないのです。

きょう子氏に言いたい!
貴方に少しでも良心が残っているのであれば卑怯な方法で呟くのではなく、
堂々と大川隆法氏の実態を世間に暴き、共謀したことを深く詫びることです。

そしてもし母性があるのであれば真剣に子供さんたちの将来を考えるべきです。

救世主の子供たちとして、本人たちは自覚のないままに扱われ、間違った情報をインプットされ、
そうやって育った子供たちがこの先どのような人格を持つのか本当に理解できるのでしょうか。

親の最たる責任は、子供たちが無事自立した人生を歩み出せるようにすることではないのですか。

考えて欲しい、なぜいじめ事件が起こったか。
きょう子氏は母親として子供のサインを受け取り寄り添ったことがあるのでしょうか。

貴方は自らを霊能者と認めていらっしゃるようですが
本物の高次からのエネルギーを知っていらっしゃるならお分かりのはず。

全ては愛から始まるのです。

夫婦揃って世間の笑い物になっているということが今後の子供の人生にどう影響するかくらい
お分かりのはず。

今!
きょう子氏にできることは自らの深く大きな過ちを認め
教団と、教祖の実態を冷静に、堂々と知らしめることではないでしょうか。

そして、母親として子供たちに懺悔をすることです。
今ならまだ間に合います。

父親である隆法氏は自らまいた種で消すことのできない不名誉な烙印を押してしまいました。

一生ついて回る烙印です。

facebookで嫉妬心をさらけ出すようなことは貴方の品性を貶める行為以外の何物でもありません。

きょう子氏に問いたい!
貴方は自分に一切の責任はないと思い込んでいるのではありませんか!!

ここまで醜く品性のない詐欺集団の片棒を担いだ罪は消えないのですよ。
ならばこそ貴方の中に残っている良心に訴えたいのです!

神は貴方の真心と誠意を待ち望んでおられます。

神の愛を感じてください。
神という言葉に今は素直に従えないのであれば
天使たちの愛を感じてください。

貴方の今後は勇気ある決断で大きく変わるのです!





    
元二世信者、ルジェの幸福の科学観察日記 元幸福の科学信者のブログ どんきー王子のブログ ポラリスのしあわせってなあに
やや日刊カルト新聞 アンチ(幸福の科学)HS 撲滅対策本部★したらば営業所 幸福の科学・退会方法
幸福の科学 その実態 NO MORE 幸福の科学 アンチ幸福の科学・まとめサイト ファルコン告発等まとめ集
 

新しいトピックへ 掲示板TOP 過去のトピックへ

ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30